タグ: パソコン教室

キングソフト(WPS)をスマホやタブレットで使う

キングソフト(WPS)をスマホやタブレットで使う

キングソフトをスマホやタブレットでも使ってみる

少し前までは、文章を作ったり表を作るのは、マイクロソフトのワード、エクセルが主流でした。

今でもそうかもしれませんが、最近はキングソフト(WPS)などのソフトも使われています。

この、キングソフト(WPS)はパソコンでも、スマホ、タブレットでも使うことができます。

また、パソコン、スマホ、タブレットで作った文章や表を共有することもできます。

そのためには、スマホやタブレットでキングソフトが使えるようにして共有させる設定が必要になります。

そこで、共有するために、クラウドサービスを利用します。

パソコンではキングソフト(WPS)を、スマホやタブレットではWPSのアプリを使います。

パソコン、スマホ、タブレットではそれぞれ単独で個別に使用しますが、クラウドサービスを利用して共有もできます。

このクラウドサービスも色々ありますが、ここではDropboxを使います。

キングソフト(WPS)をスマホで使う

キングソフトで作った資料をパソコン、スマホ、タブレットで共有しようと思えば、次の設定が必要です。

1.スマホとタブレットにキングソフト(WPS)のアプリを入れる。

2.クラウドサービス、ここではDropboxを導入する。

キングソフトのアプリはGooglePlayからダウンロードします。

まず、パソコンにDropboxインストールするため、下記のサイトに行きます。
https://www.dropbox.com/ja/

dropbox

ここで登録してダウンロードします。

スマホとタブレットはGooglePlayでDropboxのアプリをダウンロードします。

これで準備が整います。

PR

エプソンのプリンターならこのスマホアプリで簡単印刷

エプソンのプリンターならこのスマホアプリで簡単印刷

プリントアプリで簡単印刷

スマホで撮った写真を印刷して友達に渡したい時にどうしてますか

スマホの写真をパソコンに保存して、パソコンで印刷していますか。

実は、スマホから直接プリンターで印刷することができます。

スマホにアプリを入れると簡単に印刷させることができます。

撮りっ放しだった写真をスマホが苦手な人にも渡すことができます。

スマホやパソコンが苦手なおじいちゃんやおばあちゃんに写真を見せられます。

ここでは、iPhoneでエプソンのプリンターの方法を説明します。

※タップと言う言葉出てきますが、パソコンで言うクリックの意味です。

1.まず、スマホのアプリをタップし、起動させます。

EPSONプリントアプリ

2.ここでは【写真】を選択します。

3.写真が保存されている場所、ここでは【カメラロール】を選択してみます。

カメラロールを選択

4.印刷したい写真を選択します。

印刷したい写真を選択

5.タップすると写真が選択されます。

写真が選択

6.【選択する】にチェックを入れ、【次へ】をタップします。

選択するにチェック

7.右上にある【印刷設定】をタップします。

印刷設定をタップ

8.印刷設定でプリンターや用紙サイズ等確認して、必要があれば変更します。プリンターの確認もします。

9.【印刷】をタップします。すると印刷が始まります。

印刷をタップ

PR

Wordを使って写真の一部を透明化する

Wordを使って写真の一部を透明化する

Wordで写真の一部を透明化して合成させる

ワードでも写真を合成させることができます。

ここでは、結婚式の写真にフレームを合成させてみます。

結婚式
フレーム

1.結婚式の写真を挿入します。

結婚式

2.フレームを挿入します。

フレームを挿入

3.結婚式の写真とフレームの写真を共に【文字列の折り返し】で【前面】にしておきます。

4.2枚の写真のサイズを変えて重ねて配置します。

重ねて配置

5.フレームの写真を前面に持ってきます。フレームの写真を選択して【書式】の【前面へ移動】をクリックします。

フレーム

6.【書式】の【色の変更】をクリックします。

色の変更をクリック

7.【透明色を指定】をクリックします。

透明色を指定をクリック

8.フレームの写真を表示させるグレーの部分をクリックすると、そこが透明になり下の写真が表示されます。

9.最後に写真の位置を調整すれば完成です。

PR

ペイントでイラストの背景を透明化して合成させる

ペイントでイラストの背景を透明化して合成させる

ペイントでイラストを透明化し合成させる

Windowsに標準に搭載されているペイントでも透明化はある程度はできます。

イラストや写真を単純に背景の透明化することはできませんが、合成させるときには透明化ができます。

1.ベースとなるイラストや写真を挿入します。

ペイントで透明化

2.合成させたいイラストを挿入します。

3.【貼り付け】の下向きの▼をクリックします。

4.【ファイルから貼り付け】をクリックします。

5.イラストを選択します。

イラストを選択

6.サイズが大きい時は【サイズ変更】をクリックします。

7.サイズを小さくします。ここでは30%にします。

8.イラストのサイズが小さくなります。

9.背景色は白です。【色2】をクリックし選択し右の方にある色から【白】を選択します。

10.【選択】の下向きの▼をクリックします。

選択の下向きの▼をクリック

11.【透明の選択】を選びます。

12.イラストの背景色が透明になります。

イラストの背景色が透明

PR

使いやすいですね。
私も使ってます。

画像の背景を透明化したくて悩んでいるなら

画像の背景を透明化したくて悩んでいるなら

無料で写真やイラストの背景を透明化するサイト

今ある写真を加工するときに、背景を透明化したい場合があります。

画像編集ソフトを使えばできますが、普段あまり使わないようであればわざわざ買うのも大変です。

その時には便利なサイトがありますので利用してみましょう。

便利なサイト

★PEKO STEP

★画像透過ツール

便利なソフト

カンタン切り抜き写真2

使いやすいですね。
私も使ってます。

カンタン切り抜き写真2

PR

ホームページを自分自身で作りたいと思えば必須なのがドメインとレンタルサーバー
ここを使えば安く安定して使えます。

パワーポイントでアニメーション

パワーポイントでアニメーション

アニメーションで画を動かす

パワーポイントでは画を動かして強調させることができます。

絵や写真、図形でもできます。ここでは画を使ってみます。

PowerPoint2013です。

1.画を挿入します。【挿入】の【画像】から挿入します。

画を挿入

2.挿入した図をクリックして選択します。

3.【アニメーション】のタブをクリックします。

【アニメーション】のタブをクリック

4.アニメーションの右下の部分をクリックすると色々なアニメーションが表示されます。

色々なアニメーションが表示

5.表示された色々なアニメーションをクリックして選択すれば色々な動きをしますので好みの動きを探します。

6.アニメーションの動く時間や開始の時間は【アニメーション】の【タイミング】で調整できます。色々と試してみます。

7.実際の動きは【プレビュー】ボタンで確認できますので、試してみて調整します。

PR

ワードの行数や文字数を簡単に確認する方法

ワードの行数や文字数を簡単に確認する方法

行数や文字数を簡単に確認する

行数や文字数を指定されて文書を作成する時に、行数や文字数が簡単に分かればいいですよね。

ワードには、行数や文字数を指定したりカウントしやすい機能があります。

ここではWord2013で説明します。

行数を表示させる

1.【ページレイアウト】の【行番号】をクリックします。

行番号をクリック

2.【連続番号】をクリックして選択します。

3.改行するたびに行番号がつきます。

改行するたびに行番号

文字数を確認する

1.【校閲】をクリックします。

校閲をクリック

2.【文字カウント】をクリックします。

文字カウントをクリック

3.文字数が表示されます。

文字数が表示

行数や文字数を設定する

1.【ページレイアウト】から【ページ設定】を開きます。ページレイアウトのページ設定タブの右下の部分をクリックします。

2.【文字数と行数】のタブから【文字数と行数を指定する】にチェックを入れます。

3.これで文字数と行数を指定できます。

PR

パソコンの画面を大きくして見やすくする

パソコンの画面を大きくして見やすくする

拡大鏡を使ってみる

パソコンを使っていて、文字が小さくて良く見えないことはありませんか。

そんな時はパソコンの画面を大きくして見ましょう。

 

やり方は簡単です。

 

キーボードの【Windowsのロゴ】のキーと【+】を押せば画面が大きくなります。

更に【Windowsのロゴ】のキーと【+】を押せば拡大率が上がります。

 

逆に【Windowsのロゴ】のキーと【-】を押せば拡大率がダウンします。

 

終了する時は【Windowsのロゴ】のキーと【Esc】キーを押します。

コンビニをプリンター代わりに使う方法

コンビニをプリンター代わりに使う方法

外出先でも印刷ができる

プリンターが壊れて印刷できないとか、外出先で文書を印刷する必要がある時に困りますよね。

そんな時に便利なのがコンビニです。

今でも便利なんですが、それがもっと使いやすくなりました。

セブンイレブンで印刷

セブンイレブンで印刷のサービスがあります。

これは従来からあったものですが、これがちょっと便利になっています。

今までは印刷の前に事前に登録をする必要がありましたが、この登録の作業が必要なくなりました。

登録しなくても利用できるようになりました。

利用または使い方は下記から確認してくださいね。

セブンイレブンのプリントサービス
先生と呼ぶ人、呼ばない人

先生と呼ぶ人、呼ばない人

先生と呼ぶ人、呼ばない人

先生と呼ぶ人、名前を呼ぶ人

パソコン教室を始めて13年になります。
その間、多くの生徒さんと接しました。

生徒さんにも色々なタイプがいます。

例えば、私のことを先生と言う人、名前で呼ぶ人

私的にはどちらでもかまわないのですが、先生と呼ぶ人はどちらかと言うと受け身的な人が多いような気がします。

教えてもらうという感じですね。

名前で呼ぶ人は、やりたいことがはっきりしている人が多い気がします。

「○○について教えてください。」と言われます。

どちらのタイプが良いということは、もちろんありません。

先生と言われる人は、素直に私の話を聞いてくれる人が多いです。

でも、もう少しやってみたい事や聞きたい事を積極的に聞いてきてくれた方が良い気がします。

逆に、名前で呼ぶ人はやりたいこと、聞きたいことがはっきりしている分、興味のないことや直ぐに必要のないことに対して関心を持たれない人が多いように感じています。

パソコンを言う道具を使いこなそうと思えば、パソコンの可能性を知ることも必要だと思います。

「それは嫌いです。」「興味がありません。」・・・

もちろん、やりたくない事は無理にする必要もないと思います。

でも、食わず嫌いにならず、色々なことに興味を持って耳を傾けるようにした方が良いですね。