タグ: 八代市

Wordを使って写真の一部を透明化する

Wordを使って写真の一部を透明化する

Wordで写真の一部を透明化して合成させる

ワードでも写真を合成させることができます。

ここでは、結婚式の写真にフレームを合成させてみます。

結婚式
フレーム

1.結婚式の写真を挿入します。

結婚式

2.フレームを挿入します。

フレームを挿入

3.結婚式の写真とフレームの写真を共に【文字列の折り返し】で【前面】にしておきます。

4.2枚の写真のサイズを変えて重ねて配置します。

重ねて配置

5.フレームの写真を前面に持ってきます。フレームの写真を選択して【書式】の【前面へ移動】をクリックします。

フレーム

6.【書式】の【色の変更】をクリックします。

色の変更をクリック

7.【透明色を指定】をクリックします。

透明色を指定をクリック

8.フレームの写真を表示させるグレーの部分をクリックすると、そこが透明になり下の写真が表示されます。

9.最後に写真の位置を調整すれば完成です。

PR

パワーポイントでアニメーション

パワーポイントでアニメーション

アニメーションで画を動かす

パワーポイントでは画を動かして強調させることができます。

絵や写真、図形でもできます。ここでは画を使ってみます。

PowerPoint2013です。

1.画を挿入します。【挿入】の【画像】から挿入します。

画を挿入

2.挿入した図をクリックして選択します。

3.【アニメーション】のタブをクリックします。

【アニメーション】のタブをクリック

4.アニメーションの右下の部分をクリックすると色々なアニメーションが表示されます。

色々なアニメーションが表示

5.表示された色々なアニメーションをクリックして選択すれば色々な動きをしますので好みの動きを探します。

6.アニメーションの動く時間や開始の時間は【アニメーション】の【タイミング】で調整できます。色々と試してみます。

7.実際の動きは【プレビュー】ボタンで確認できますので、試してみて調整します。

PR

ワードの行数や文字数を簡単に確認する方法

ワードの行数や文字数を簡単に確認する方法

行数や文字数を簡単に確認する

行数や文字数を指定されて文書を作成する時に、行数や文字数が簡単に分かればいいですよね。

ワードには、行数や文字数を指定したりカウントしやすい機能があります。

ここではWord2013で説明します。

行数を表示させる

1.【ページレイアウト】の【行番号】をクリックします。

行番号をクリック

2.【連続番号】をクリックして選択します。

3.改行するたびに行番号がつきます。

改行するたびに行番号

文字数を確認する

1.【校閲】をクリックします。

校閲をクリック

2.【文字カウント】をクリックします。

文字カウントをクリック

3.文字数が表示されます。

文字数が表示

行数や文字数を設定する

1.【ページレイアウト】から【ページ設定】を開きます。ページレイアウトのページ設定タブの右下の部分をクリックします。

2.【文字数と行数】のタブから【文字数と行数を指定する】にチェックを入れます。

3.これで文字数と行数を指定できます。

PR

母の日!ペイントを使って写真にメッセージを書こう

母の日!ペイントを使って写真にメッセージを書こう

ペイントで簡単コメント

写真に文字を入れたい時の方法です。
簡単なメッセージやコメントを入れることで写真が楽しくなります。

1.ペイントを起動させます。

ペイントを起動

2.写真を挿入します。【ファイル】から【開く】

2.写真を挿入します。【ファイル】から【開く】

3.写真を選びます。

3.写真を選びます。

4.写真が挿入されます。

5.写真が大きすぎる時は、【サイズ変更】からサイズを変更します。

5.写真が大きすぎる時は、【サイズ変更】からサイズを変更します。

6.サイズ変更で50%にします。(適宜%を変えます)

7.見やすいサイズにします。

7.見やすいサイズにします。

8.【 A(テキスト)】をクリックします。

8.【 A(テキスト)】をクリックします。

9.文字を書きたいところでクリックしたままドラッグして枠を作ります。

9.文字を書きたいところでクリックしたままドラッグして枠を作ります。

10.枠の中に文字を入れ、文字の編集をします。

10.枠の中に文字を入れ、文字の編集をします。

11.完成した写真を保存します。【ファイル】から【名前を付けて保存】

PR

パソコンの画面を大きくして見やすくする

パソコンの画面を大きくして見やすくする

拡大鏡を使ってみる

パソコンを使っていて、文字が小さくて良く見えないことはありませんか。

そんな時はパソコンの画面を大きくして見ましょう。

 

やり方は簡単です。

 

キーボードの【Windowsのロゴ】のキーと【+】を押せば画面が大きくなります。

更に【Windowsのロゴ】のキーと【+】を押せば拡大率が上がります。

 

逆に【Windowsのロゴ】のキーと【-】を押せば拡大率がダウンします。

 

終了する時は【Windowsのロゴ】のキーと【Esc】キーを押します。

先生と呼ぶ人、呼ばない人

先生と呼ぶ人、呼ばない人

先生と呼ぶ人、呼ばない人

先生と呼ぶ人、名前を呼ぶ人

パソコン教室を始めて13年になります。
その間、多くの生徒さんと接しました。

生徒さんにも色々なタイプがいます。

例えば、私のことを先生と言う人、名前で呼ぶ人

私的にはどちらでもかまわないのですが、先生と呼ぶ人はどちらかと言うと受け身的な人が多いような気がします。

教えてもらうという感じですね。


名前で呼ぶ人は、やりたいことがはっきりしている人が多い気がします。

「○○について教えてください。」と言われます。

どちらのタイプが良いということは、もちろんありません。

先生と言われる人は、素直に私の話を聞いてくれる人が多いです。

でも、もう少しやってみたい事や聞きたい事を積極的に聞いてきてくれた方が良い気がします。


逆に、名前で呼ぶ人はやりたいこと、聞きたいことがはっきりしている分、興味のないことや直ぐに必要のないことに対して関心を持たれない人が多いように感じています。


パソコンを言う道具を使いこなそうと思えば、パソコンの可能性を知ることも必要だと思います。

「それは嫌いです。」「興味がありません。」・・・

もちろん、やりたくない事は無理にする必要もないと思います。

でも、食わず嫌いにならず、色々なことに興味を持って耳を傾けるようにした方が良いですね。

さあ、これからが年賀状作り、今からでも十分間に合います

さあ、これからが年賀状作り、今からでも十分間に合います

年賀状は今からでも十分間に合います

年賀状はもうできましたか?

まだの人でも、今からでも十分間に合いますよ。

私がお勧めするのは、これです。

「はがきデザインキット2018」 郵便年賀.jp

Web上でも、インストールしても、スマホでも作れるからあなたのライフスタイルに合わせて使ってください。

私も、これをインストールして使っています。

ここでは、ウェブ版の使い方のご紹介です。

1.郵便年賀.jpに行きます。

https://nenga.yu-bin.jp/

2.画面の少し下の左側に表示される【つくる】にマウスを近づけると【はがきデザインキット2018】が表示されますのでクリックします。

3.ウェブ版をクリックします。

4.このページに使い方や特徴が書かれていますので、読んでください。そして【はがきデザインキットウェブ版を使う】をクリックします。

はがきデザインキットウェブ版を使うをクリック

5.【年賀状をつくる】をクリックします。

年賀状をつくるをクリック年賀状をつくるをクリック

6.赤い線で囲んだ部分にマウスを近づけると色々なテンプレートが表示されますのでこの中から選んでください。

7.たくさんのテンプレートがありますので選んでください。

8.気に入った絵柄を選びます。

気に入った絵柄を選びます

9.【普通紙でつくる】をクリックします。

10.メッセージを入力します。

メッセージを入力

11.【進む】をクリックして次に進みます。
次の画面で【保存する】をクリックします。

保存するをクリック

12.保存が終わります。【OK】をクリックします。

13.一時保存のメッセージが表示されます。この後登録をするかどうかですが、自分自身でプリンターで印刷する場合は登録しなくても大丈夫です。印刷まで頼むのであれば登録してください。ここでは印刷は自分自身でする方法です。【キャンセル】をクリックしてください。

14.表示されている画面の一番下の【マイデザイン】をクリックします。

マイデザイン】をクリック

15.保存された年賀状が表示されますのでクリックします。

年賀状が表示されますのでクリック

16.【ダウンロードする】をクリックします。

17.【OK】をクリックしてダウンロードします。

18.ダウンロードした年賀状を印刷します。

80歳になってもパソコンを学ぶこと

80歳になってもパソコンを学ぶこと

80歳からでもパソコンを使い続ける理由

当教室で受講される方の中には80歳を越えられている方がいます。

80歳になってもパソコンを使いこなしパソコンを学ぶこととは何だろうか?

決して上手ではありません。

キーの入力も遅いし、色々な機能を使いこなしている訳でもありません。

新しいことを覚えるのにも時間がかかります。

それでも、受講者の中でもとても教えがいのある方です。

私もなぜだろうと考えてみるとその理由として、パソコンが生活に密着していることかな、と思います。

何でもパソコンをというわけではありません。

手書きをされるところもあるし、パソコンを使われることもあります。

力み過ぎることもなく、パソコンを使うことを楽しまれているような気がします。

覚えなければならないと力が入るわけでもなく、忘れたら忘れたで気にされません。

多くの受講生の中には、受講料としてお金を払っているので、その元を取りたいとされる方や、短期間で覚えたいとされる方がいます。

それをどうこう言うつもりは全くありませんが、今から5年後にどのような方がパソコンを楽しんで使っていらっしゃるか楽しみですね。

ちなみにこの80歳の方は今はスマホにチャレンジ中です。

突然、「スマホを買ったので教えて」と言われています。

困った!IDとパスワードとメールアドレスを忘れた

困った!IDとパスワードとメールアドレスを忘れた

IDとパスワードとメールアドレス

パソコン初心者の方が迷うことに、IDとパスワードとメールアドレスがあります。

インターネットを活用しようと思えば、登録を求められることが多いですよね。

その際にIDとパスワード、メールアドレスの登録をします。

登録をしただけで安心して、IDやパスワードをメモしないで忘れてしまうことが多いです。

ここのところがよく理解できていなくて前に進めない方が多いようです。

私「IDは何ですか?」と聞いたら、
生徒さん「ID?」「IDはなんでもいいですか?」と聞かれます。
私 「いえいえ、登録された時のIDです。」

私 「パスワードはわかりますか?」
生徒さん 「銀行のパスワードでもいいですか?」
私 「いいえ、登録をした時のパスワードです。」

このような会話は珍しくありません。

又、「メールアドレスはわかりますか?」と聞いても多くの方々が「多分これかな?」と言った感じです。

最初はよくわからないから仕方がないですが、このままでは、インターネットを上手に活用できずに苦手意識ばかりになるのが残念です。

ですから、インターネットを活用する時には必ずメモ帳等を用意してもらって記録を残してもらうようにしています。

その際も、面倒臭いからと簡単に書いてしまいがちですが、略して書かずにキチンと書いておくことが大事です。

利用するサイトやサービス名前
IDや登録名
パスワード
メールアドレス

これらのことはしっかりとメモしておきましょう。

好きな文字をスキャンして年賀状に使ってみよう

好きな文字をスキャンして年賀状に使ってみよう

年賀状に使ってみたい文字をスキャン

年賀状を作る時に好きな文字を使ってみたいことはありませんか。

そんな時はその文字をスキャンしてみましょう。

スキャンの方法はここを参考

エプソンの複合プリンターのスキャナーを活用しよう

利用方法

1.気に入った文字をスキャンしたらこんな感じになりました。

気に入った文字をスキャン

2.背景の茶色が気になりますのでこれを消したいと思います。

3.ここでは【カンタン切り抜き写真2】を使います。

4.背景を消します。

背景を消します

5.背景が透明になりました。これで年賀状にも使えます。