タグ: Windows

キングソフト(WPS)をスマホやタブレットで使う

キングソフト(WPS)をスマホやタブレットで使う

キングソフトをスマホやタブレットでも使ってみる

少し前までは、文章を作ったり表を作るのは、マイクロソフトのワード、エクセルが主流でした。

今でもそうかもしれませんが、最近はキングソフト(WPS)などのソフトも使われています。

この、キングソフト(WPS)はパソコンでも、スマホ、タブレットでも使うことができます。

また、パソコン、スマホ、タブレットで作った文章や表を共有することもできます。

そのためには、スマホやタブレットでキングソフトが使えるようにして共有させる設定が必要になります。

そこで、共有するために、クラウドサービスを利用します。

パソコンではキングソフト(WPS)を、スマホやタブレットではWPSのアプリを使います。

パソコン、スマホ、タブレットではそれぞれ単独で個別に使用しますが、クラウドサービスを利用して共有もできます。

このクラウドサービスも色々ありますが、ここではDropboxを使います。

キングソフト(WPS)をスマホで使う

キングソフトで作った資料をパソコン、スマホ、タブレットで共有しようと思えば、次の設定が必要です。

1.スマホとタブレットにキングソフト(WPS)のアプリを入れる。

2.クラウドサービス、ここではDropboxを導入する。

キングソフトのアプリはGooglePlayからダウンロードします。

まず、パソコンにDropboxインストールするため、下記のサイトに行きます。
https://www.dropbox.com/ja/

dropbox

ここで登録してダウンロードします。

スマホとタブレットはGooglePlayでDropboxのアプリをダウンロードします。

これで準備が整います。

PR

パソコンの画面を大きくして見やすくする

パソコンの画面を大きくして見やすくする

拡大鏡を使ってみる

パソコンを使っていて、文字が小さくて良く見えないことはありませんか。

そんな時はパソコンの画面を大きくして見ましょう。

 

やり方は簡単です。

 

キーボードの【Windowsのロゴ】のキーと【+】を押せば画面が大きくなります。

更に【Windowsのロゴ】のキーと【+】を押せば拡大率が上がります。

 

逆に【Windowsのロゴ】のキーと【-】を押せば拡大率がダウンします。

 

終了する時は【Windowsのロゴ】のキーと【Esc】キーを押します。