Kingsoft Spreadsheets 2013 計算式の入力

Kingsoft Spreadsheets 2013 計算式の入力

計算式の入力

四則演算の記号
 足す  ⇒ +
 引く  ⇒ -
 掛ける ⇒ *
 割る  ⇒ /

計算式を入力する時は【=】を最初に入力することが基本になります。

普通の計算式では
   1+2=3

エクセルでは
   「A1のセルに1+2の答えを表示する」ことになります。

そこで
   「A1=1+2」となります。

1.【A1】に「=1+2」と入力すれば、「3」という答えが【A1】に表示されます。
エクセルの計算式は数学の計算式とは異なり、単純に数値の計算ではなく、「計算式が入力されたセルに計算式の結果を表示する」という意味になります。

Kingsoft Spreadsheets 2013 計算式の入力
Kingsoft Spreadsheets 2013 計算式の入力

2.【B1】に「=A1」と入力します。
【B1】に【A1】と同じ数値が表示されます。これは、「【B1】に【A1】に表示されたものと同じものを表示する」ということになります。

Kingsoft Spreadsheets 2013 計算式の入力
Kingsoft Spreadsheets 2013 計算式の入力

3.C3に3×3の計算式の答えを表示させたい時、C3のセルに【=3*3】と入力する方法

4.C3のセルにA1のセルのデータとB3のセルのデータを掛けるという方法
【=A1*B1】

この場合、A1とB1と入力する時、キーボードで入力する代わりに、該当するセルをクリックしても入力できます。

PR