無料ソフトAdobe Acrobat ReaderでPDFを活用

無料ソフトAdobe Acrobat ReaderでPDFを活用
無料ソフトAdobe Acrobat ReaderでPDFを活用

PDFは、「Portable Document Format」の略で、WordやExcelで作成した文書や表を紙に印刷したときの状態を、そのまま保存することができるファイル形式です。パソコンの種類やバージョンに関係なく、同じように見ることができる、「電子的な紙」のようなものです。

このPDFを見るには専用のソフトを使います。

専用のソフトの名称が「Adobe Acrobat Reader」と言います。これは、PDFを開発した「アドビシステムズ(Adobe Systems)」がPDFを見るために無料で配布しています。

その、最新バージョンが「Acrobat Reader DC」です。

ここでは、「Acrobat Reader DC」を使ってPDFを活用する方法を説明します。

Acrobat Reader DCのダウンロードとインストール

ここからダウンロードします。

1.【Acrobat Readerをダウンロード】をクリックします。

その際、「McAfee Security Scan Plus」のチェックを外しておきます。「McAfee Security Scan Plus」が必要であればチェックを残しておきます。

【Acrobat Readerをダウンロード】をクリックします

2.【ファイルを保存】をクリックしてダウンロードします。

【ファイルを保存】をクリックしてダウンロードします

3.ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします

4.インストールが始まります。

5.インストールが終わり起動させると下図のようになります。

インストールが終わり起動させると下図のようになります

6.PDFを開いてみます。

PDFを開いてみます

Acrobat Reader DCの構成

画面の上部に「メニュー」と「ツールバー」、左側に「ナビゲーションパネル」右側に「ツールパネル」は配置されています。

Acrobat Reader DCの構成

ページ全体を確認できる「ページサムネール」

PDFが複数ページある時、「ページサムネール」を使えば各ページ全体の確認ができます。

ページ全体を確認できる「ページサムネール」
ページ全体を確認できる「ページサムネール」

※「ページサムネール」を表示させるには、「ナビゲーションパネル」の▶をクリックします。

「ページサムネール」を表示させるには、「ナビゲーションパネル」の▶をクリックします

ズームで表示倍率を変える

初期設定では、文書の1ページ全体が表示されるようになっています。表示の拡大は「ツールバー」の「+」と「-」のアイコンをクリックします。

ズームで表示倍率を変える
ズームで表示倍率を変える

PDFの表示

PDFの表示方法は4つあります。

1.「単一ページ」「見開きページ」「スクロール」「見開きページでスクロール」「メニューバー」の「表示」をクリックします。

PDFの表示

2.「ページ表示」にマウスを合わせると表示方法が表示されますので選びます。

「ページ表示」にマウスを合わせると表示方法が表示されますので選びます

既定のアプリをAcrobat Readerにする

Windows10の初期設定では、PDFは「Edge」で開かれます。
既定のアプリの変更で「Edge」から「Acrobat Reader」に変更できます。

1.PDFファイルの上で右クリックします。

2.「プログラムから開く」にマウスを合わせるといくつかの項目が表示されますので、「別のプログラムを選択」をクリックします。

2. 「プログラムから開く」にマウスを合わせるといくつかの項目が表示されますので、「別のプログラムを選択」をクリックします

3.「Acrobat Reader DC」を選択し「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」にチェックを入れます。

「Acrobat Reader DC」を選択し「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」にチェックを入れます

4.「OK」をクリックすると次回からPDFをダブルクリックすると「Acrobat Reader」で開かれます。

タイトルとURLをコピーしました