PR

Excel 2019 06.シートの作成方法​ シニアからのパソコン

Excel 2019 06.シートの作成方法​ シニアからのパソコン

Excelのシートとタブ

ExcelはWordと違った特徴があります。それを理解するには「タブ」を理解する必要があります。

エクセルのシートタブ(見出し)とは、エクセルのシートの下部にあるタブ(見出し)のことです。タブ(見出し)は、異なる種類の情報を含む複数のシートを切り替えるために使用されます。

たとえば、数学の問題を解くためにエクセルを使用する場合、算数の問題を1つのシートにまとめることができます。しかし、数学のテストには、問題だけでなく解答や採点結果を含める必要があります。その場合、新しいタブ(見出し)を作成して、別々のシートを作成することができます。各タブ(見出し)には、問題、解答、採点結果などの異なる情報が表示されます。

タブ(見出し)は、クリックすることで簡単に切り替えることができます。タブ(見出し)には、名前を付けることができます。たとえば、数学の問題のタブには「問題」という名前を付け、解答のタブには「解答」という名前を付けることができます。これにより、どのタブ(見出し)にどのような情報が含まれているかが、より分かりやすくなります。

エクセルのタブ(見出し)を使うことで、異なる種類の情報を簡単に管理することができます。タブ(見出し)をうまく活用して、エクセルを効果的に使いこなしましょう。

エクセルで新しいシートを作成する方法は以下の通りです。

シートを作成する方法

1.Excelを開きます。

Excelを開きます

2.新しいシートを挿入したいExcelファイルを開きます。既に開いている場合は、ワークシートタブをクリックしてアクティブにします。

ワークシートタブをクリックしてアクティブ

3.新しいシートを挿入したい場所で、新しいシートを挿入するための「+」ボタンをクリックします。このボタンは、既存のシートの右側にあります。

新しいシートを挿入するための「+」ボタンをクリック

4.新しいシートが挿入され、自動的に選択されます。シートの名前は、通常で「Sheet1」「Sheet2」などとなっています。

新しいシートが挿入され、自動的に選択されます

5.シートの名前を変更するには、シートのタブを右クリックして「名前の変更」をクリックし、新しい名前を入力してEnterキーを押します。

「名前の変更」をクリック
新しい名前を入力
新しい名前を入力してEnterキー

以上が、エクセルで新しいシートを作成する手順です。

タイトルとURLをコピーしました